横浜で遊ぶハマめぐりドットコム

サイトマップ
横浜で遊ぼう

遊ぶなら横浜で


横浜で遊ぶTOP 横浜で遊ぶ
サイトマップ
横浜の用語集 横浜で遊ぶQ&A 遊ぶなら横浜の
運営者概要
横浜で遊ぶ
ご利用規約
横浜で遊ぶ
ご相談フォーム

カテゴリ

Imageの独り言
Notes
Satsukiの独り言
ベイスターズファン
必見!
ベイスターズマニア

横浜のイベント
横浜の今
横浜の魅力
横浜中華街

月別リスト

2015年11月 2015年3月 2015年1月 2009年11月 2009年10月
« 横浜のイベント | メイン | 横浜の魅力»

横浜中華街 ~我が街を愛するがゆえ、敢えて言及します

同じ横浜の街に住む者として恥ずかしいかぎりですが、わざわざ訪れた皆様が嫌な思いをしないように、恥を晒しておきます。

このような風潮もあることをお見知り置きください。

そして、ぜひ日本有数の中華街を、気持ちよく堪能してください。

 

                          posted by    Image


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000042-maiall-soci


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

以下はニュースの全文


横浜中華街(横浜市中区)に今秋、「栗(くり)の押し売りに注意」と書かれた立て看板が登場した=写真。ここ数年で激増した甘ぐり販売店によるし烈な客引き合戦で、警察などにクレームが入るようになったためだ。設置した横浜中華街発展会協同組合は「お客さまに『いらない』と断る根拠にしていただければ」と説明する。年間約2000万人の観光客が訪れる中華街は、よりよい「自治」のあり方を模索している。【池田知広】

 「不法な客引き・ビラ配り 栗の押し売りにはご注意ください。」

 まちづくりに取り組む発展会は9月中旬、中華街の歩道沿い11カ所に看板を立てた。甘ぐりは、有力店が売り出したのをきっかけに販売店が増え、最近5年間で倍増したという。今年に入り、発展会や加賀町署に「強引に売られた」「執拗(しつよう)にくりを押しつけてくる」といった苦情が寄せられるようになった。

 中華街は95年、もてなしの精神などまちづくりの方針を定めた「憲章」を制定し、昨年は「街づくり協定」を施行するなど、観光客に親しまれるまちづくりに取り組んでいる。

 中華街に来た秦野市の会社員、加藤秀幸さん(22)は「買う人に意識させるのはいいこと」。横浜市の60代男性は「一つ試食したら、手を引っ張られ買わされた。見た目は悪いけれど風紀としてあった方がいい」と話す。

 しかし、甘ぐりを販売する男性店主(62)は「中華街の恥をさらすようで、不愉快」と不満をあらわにし、服飾店の女性店員(54)は「客引きも、お客さまは中華街の雰囲気として楽しんでいる」などと看板に否定的な意見もある。これに対し、発展会の陳礼皇総務部長は「嫌な思いをしたままでは、日本のお客さまは二度と中華街に来なくなってしまう。厳しい目で中華街を育てていただければ」と話している。

 

2009年11月16日





横浜で遊ぶなら
~ハマめぐりドットコム~




<管理人紹介>

管理人
Satsuki


管理人
Image (イマージュ)


横浜での楽しい遊び方を、共に探していきませんか!?


 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

<おすすめLINK集>